札幌市立大学 看護学部教授 猪股 千代子 オフィシャルwebサイト

大学院での活動

  • HOME »
  • 大学院での活動

20141204_header_in

ケアリングの看護サービスシステム提供に関する理論や、看護経営に関する理論・概念を紹介していきます

大学院では、「看護マネジメント分野」看護教育・看護管理領域で看護管理学を担当しております。

安全で質の高いヘルスケアシステムの設計とアウトカムに関する研究に取り組んでおります。ケアリングの看護管理、自然治癒力を高める環境設計、統合医療ケアプログラムに関する研究、看護管理能力向上など、システムズアプローチ・論理的思考に基づく修士論文の作成を支援します。

これまで指導した卒業研究のタイトルの一例を以下に紹介します。

・「看護師長の考える中高年看護職が働き続けるための支援の実際」

・「役割付与を通して中堅看護師に成長を促す看護師長の関わり」

札幌市立大学大学院看護学研究科は、博士前期課程(2年)・後期課程(3年)の区分制大学院です。

博士前期課程は「実践看護学分野」「看護マネジメント分野」の2分野・6領域に加え、4専門看護師コースで構成しています。
カリキュラムは研究科連携科目、専門教育科目で編成し、研究科連携科目はデザイン研究科生と共に、講義・演習を行っています。
2研究科の協同事業は札幌市立大学の特長で、看護学とデザインの課題探索に加え、異なる学問分野の人々との学修は、幅広い知識と探究心を抱き、地域課題への解決策を市民や行政へ情報発信することができます。

看護学の探求に意欲を抱いている方々に、学部から直接進学する、社会へ出て実践を積んで進学する、社会人として仕事を継続しながら学ぶなど広く門戸を開いています。
多彩な教授陣を擁し、昼夜・土曜日開講など、多様な学習環境のなかで、皆様の探究心を具現化できる場が札幌市立大学大学院看護学研究科です。

⇒看護学研究科・大学院生の活動の活動記録は、こちらからご覧いただけます。

PAGETOP
Copyright © 猪股 千代子 Chiyoko Inomata All Rights Reserved.