札幌市立大学 看護学部教授 猪股 千代子 オフィシャルwebサイト

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

20141120_header_profile_A

猪股 千代子からのメッセージ

猪股 千代子

みなさん、ようこそ当サイトへ!
このサイトでは、全人的統合医療を、”つながる・思いやる・信じる・楽しむ”ケアを 探求する教育・実践・研究活動を通してご紹介いたします。
私は、全人的医療とそのヘルスケアシステムのあり方をケアリングの技術の探求と看護経営学の立場から探求しております。

2003年、仙台で、世界の人々が行っている様々な健康維持や治療法である「統合医療」を学ぶことがはじまりでした。
それから、「病気になりにくい自分」「病気になっても治りやすい自分」を創り上げるための養生法について、多様で柔軟な考え方に出会いました。

2008年には、その人自らの意識的な努力・実践と共に、外部からの健康増進の支援を受けながら、健康増進の行動療法を創造するという「統合医療・多職種協同健康増進プログラム開発モデル」によって「安心・科学的・ケアリング・ヒーリングの場の生成」を創出するにいたりました。幸運にもミッションを共有する仲間と次々と巡り合い続けております。

現在では、自然、芸術、伝統医療、補完代替医療などの融合による形態変容的セラピーを健康増進プログラムとして、様々なニーズを持つ人々に提供し、健康に及ぼす影響を評価する取り組みを行い始めております。手ごたえとしては、この方法の特徴は、関係性(自己・他者・集団・世界・宇宙・虚空)に価値をおく支援であることがわかりました。

また、触れる・楽しむという人間の五感へ働きかけるケアは、ケアリングやヒーリングの始まり・ときめく出会いをもたらします。人々のスピリットが、響きあい・つながり・安寧の状態をもたらし、時空を超えたケアに発展し、ケアする人・ケアされる人の枠組みを超えたパートナーシップから多くの学びを得ています。

これからも、人間の健康の奥深さ・拡がりを皆様と共に探求してまいりたいと思います。市民の皆様、ご一緒にウエルネス健康社会を創り上げましょう。ご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

札幌市立大学看護学部・大学院看護管理学教授
mouhitsu_shomei
 

◆プロフィール

略歴

東北大学医療技術短期大学部卒業、玉川大学文学部教育学科卒業 学士(文学) 東北大学大学院経済学研究科修了 修士(経営学)、 東北大学病院勤務を経て、宮城大学助教授、札幌医科大学教授歴任
2012年から札幌市立大学看護学部・大学院看護管理学教授

教育活動(担当科目)

看護学原論、医療経営学、看護管理学、医療安全管理論、チーム医療論、ヘルスケアマネジメント実習、看護管理学特論、看護コンサルテーション論、他

研究活動

安全で質の高いヘルスケアシステムの設計・開発・検証に関する研究、ケアリングの看護管理・経営に関する研究、統合医療の看護教育内容に関する研究、補完代替医療に関する研究

所属学会

日本看護管理学会、日本医療マネジメント学会、日本看護科学学会、日本統合医療学会、日本看護研究学会、日本看護教育学会、日本音楽療法学会、他

専門分野

ヘルスケアシステム設計、統合医療、ケアリング・ヒーリング、自然治癒力を高める環境設計

地域貢献・社会活動

日本統合医療学会理事 日本医療マネジメント学会評議員 統合医療ヘルスケアシステム開発機構 ハマナス音楽&看護療法研究会会長 日本統合医療看護部会北海道地区研究会会長、他 公立大学法人札幌市立大学 教育支援プロジェクトセンター 認定看護管理者教育課程サードレベル 専任教育担当

主要な講演演題

「音楽&看護療法を活用した心身のリハビリテーションケア」 「統合医療における看護の役割について」

将来計画

ケアする人・ケアされる人の自然治癒力を高める保健医療福祉の環境設計に携わりたい。 統合医療を推進する活動を皆様とともに進めていきたいと思います。
(プロフィールの内容は、2014年11月1日現在のものです)

PAGETOP
Copyright © 猪股 千代子 Chiyoko Inomata All Rights Reserved.